雨漏りは保険で補償されるか

subpage-img

集中豪雨などで雨漏りが始まってしまうことがあるかもしれません。


この状態を放っておくと、クロスや家財にまで被害が及び、修理に多額の費用がかかってしまうことがあるものです。

目的に応じて日経メディカルのお得情報を用意いたしました。

そこで、雨漏りが保険で補償されるかどうかは、是非とも知っておきたい点でしょう。
実は、雨漏りが保険で補償されるかどうかは原因によると言われています。



例えば、火災保険は、火災時だけでなく、落雷や水災、雪災、風災などさまざまな自然災害によって被った被害を補償して大切な家を守るためのものとなっています。

そこで、台風や竜巻といった突風、強風などが原因で屋根や外壁が破損を受けることがあります。
その破損に気づかず生活していると、いつかは豪雨や横殴りの雨がきっかけとなって雨漏りが始まってしまうことがあるものです。


このような場合は、風災補償の対象となるため、火災保険が適用されることになるでしょう。


しかし、注意が必要なのは、老朽化や経年劣化などが原因で起こる場合は対象外となるという点です。

仮に、台風や竜巻といった自然災害で被った破損であったとしても、長い間放置しておくと老朽化や経年劣化との区別がつきにくくなってしまうものです。



そうなると、自然災害による破損としてではなく、経年劣化として判断されてしまうことが考えられます。それで、自然災害による雨漏りは、できるだけ早く申請することが必要です。
そうすることによって、火災保険による補償を受けることができるでしょう。

top